TOP > 特集記事 > −空室対策とは? 高稼働率を目指す−

特集記事

 

-空室対策とは? 高稼働率を目指す-(2012/10/09)

 

単に、空室対策という言葉を考えると、つい空室期間の短縮と考えがちです。確かに室内の改装を試みるなどして空室期間を短縮することは空室対策に繋がるかもしれません。しかし、空室対策の意味を広義した場合、要は高稼働率、高収益を維持できれば空室対策になるはずです。そのように考えると、住み心地を良くして解約を抑止することも空室対策になりますし、空室期間中に空室が収益を上げれば、それも空室対策になるはずです。そう考えると空室対策とはいろいろな方法があるように思えます。

a1320_000046.jpg
 
今回は、核家族化、晩婚化、共稼ぎ世帯の増加など現代の社会性に直結した空室対策を一つご提案させて頂きます。今、人気の賃貸物件の設備として2010年7月SUUMOが実施したアンケート結果をもとに考察してみたいと思います。

 

 

(ひとり暮らしランキング)

1位 24時間利用可能ゴミ置場

2位 宅配BOX

3位 TVモニタ付インターホン

4位 浄水器

5位 防犯カメラ

5位 ウォークインクローゼット

 

(ファミリーランキング)

1位 TVモニタ付インターホン

2位 24時間利用可能ゴミ置場

3位 ウォークインクローゼット

4位 宅配BOX

4位 追焚き機能

6位 防犯カメラ

 a1320_000053.jpg

以上になります。ともに人気となったのが、「24時間利用可能ゴミ置き場」「宅配BOX」「TVモニタ付インターホン」「防犯カメラ」「ウォークインクローゼット」です。

この結果から考えると、すぐに分かるかと思いますが、現在の賃貸需要者(※売買と比較し若い方が多くなる)は忙しくあまり家にいなくさらに時間が不規則であること。そして、治安に一抹の不安を抱えていてセキュリティで安心を求めていること、そして、洋服他、物が多いことが分かります。ということは、定石で考えるとこのニーズを満たすことで解約を抑止することができ、更に空室期間を短縮することができます。ただ、どうしても費用対効果に不安が残ります。

 takuhaibox[1].jpg

そこで一つのご提案として、リースといった手法があります。

メリットはまず、

 

□  購入資金なしでも投資が可能であること。

□  メンテナンスフリーや契約期間内商品保証で導入できること。

□  費用対効果を考えて必要な設備のみ導入が可能であること。

□  リース料金は、全額経費計上できること。(節税効果)

 

そして、月々の費用は、商品によっていろいろ異なりますが、1,000円台からなどそんなに高くありません。現在の空室による機会損失相当額や賃料アップ(※可能であれば)相当額など、費用対効果を綿密に計算したうえで導入すること、今顧客が求めていることに比重をおいて投資すること(※居住者アンケートに協力頂く方法もあります。)、そして今ある収入の余裕があるなかにおいて行う投資であれば、まず問題はないかと思われます。

robby.JPG 

しかしながら、一度契約をするとリース期間の拘束が発生しますので、もし本文を参照頂き興味をもたれた方は、まずは当社までご連絡下さい。現状の収入、稼働率、物件の特性、近隣環境を考慮したうえで最善の方法をご提案させて頂きます。

このように現在取り沙汰されている空室問題を解消する方法は、考えればいろいろ出てきます。そして、不動産は名前のとおりモノを動かすことのできない資産なので、立地や環境、近隣の競合物件の状態でいろいろ選択肢は変わってくるものと思われます。

当社は、所有者様の空室を解消し、入居者様に喜んでいただく、そんなWINWINの関係を賃貸のなかで築いていきたいと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

一覧へ

17/02/25 17年1月度 新規住宅管理物件 受託の件
2017年1月度に当社に受託された管理物件のご紹介です。
17/02/15 ビズサークル 川口オフィス オープンの件
2017年2月に埼玉県初となる川口オフィスがオープンいたします。
bottom

お気軽にご連絡ください。03-5789-3323 営業時間 9:00〜20:00

お問い合わせフォーム

PAGETOP