TOP > 特集記事 > マンションの組合運営

特集記事

 

マンションの組合運営(2012/7/1)

 

 
マンションの購入者は区分所有法に基づき区分所有者(組合員)になり、購入した専有部を使用する権利を得ると共に廊下等の共用部を全区分所有者と利用する権利と維持管理をする義務が生じます。

そして区分所有者全員で管理組合を形成してマンションの維持管理を行い、直接は区分所有者の代表である理事長・会計・監事等を主として運営を行います。

管理組合の意思決定機関である総会は年に1度開催される定期総会、臨時に行われる臨時総会があります。
 
 
その総会時に購入してまだ1ヶ月も経ってない私が理事のメンバー入りしておりました。

何故かと言うと私が購入した物件は理事会が1年の持ち回り制で勝手に理事会メンバーになっていたからです。理事会でも色々と役割があるので、さすがに購入したばかりなので簡単な役割にしてもらおうと思ったところ、いつの間にか簡単な役割は無くなっていき、残るは理事長or副理事長・・・・・。

そして、もう一方が『組合に若い風を・・・・・』と決め台詞を言って

私が栄えある第32期理事長に就任致しました。

組合って新人には厳しいなと思いつつ、ほとんどの方がやる機会がない仕事なので不動産会社に勤めている人間としてはいい経験として勉強させてもらうつもりで組合運営に携わることになりました。
 
 
 
総会は1ヶ月に1回開催され、管理会社による巡回報告や建物内にて起きた大小様々な事案が報告され対処していきます。

また、防災訓練の実施や無断駐車・駐輪などのクレーム対応も行いますのでかなりやることは多いです。

仕事をしながら理事会の仕事もこなすとなるとかなりのハードワークが必要です。

私がちゃんと理事長の役割を果たせているのか、どうかは微妙なところです。

本気でやるのであればやはり、専任の理事会が必要と考えます。

やはり1年周期で理事長が変わってしまうと今までやってきたことがまたリセットに

なってしまうことが多々あるでしょう。

1年周期ですと管理会社に任せっきりになってしまい理事会でのチェック機関が無くなり

管理会社の好き放題な組合運営に変わってしまうかもしれません。

ただ、理事長をやられる方は時間と労力がかかるのでやりたがらない方がほとんどだと思います。

理事長をやりたくなるようなシステムを考えたほうがいいかもしれません。

現在は無報酬ですが報酬を出したりなど・・・・・。

他の組合はどう運営しているのか気になります。
 
 

とにかく、私の任期はあと数か月。

それまでに『若い風を・・・・・』出せるか心配です。
 

 
 

一覧へ

17/02/25 17年1月度 新規住宅管理物件 受託の件
2017年1月度に当社に受託された管理物件のご紹介です。
17/02/15 ビズサークル 川口オフィス オープンの件
2017年2月に埼玉県初となる川口オフィスがオープンいたします。
bottom

お気軽にご連絡ください。03-5789-3323 営業時間 9:00〜20:00

お問い合わせフォーム

PAGETOP