TOP > 特集記事 > ネオ賃貸

特集記事

 

ネオ賃貸(2012/5/2)

 

 

 

昨今の賃貸不動産市況は、居住用はフラット35、低金利住宅ローン、DINKS物件などの事情により所有>賃貸、一方で事業用はリーマンショック前に手掛けた物件の竣工が続いており供給>需要といった状態が続き、従前より空室期間が長引く物件が増えていく様相となっております。
 
 そんな情勢のなか「ネオ賃貸」といった言葉が日経トレンディの記事にありました。これは、人口構成や働き方、生活慣習そして人により価値観やワークスタイルが多様化している、この時代のある特定のニーズに併せて物件を創っていき運用していくことをいうようです。この言葉はとても包括的で、居住用ならリビング・ダイニングを共有するゲストハウス、シェアハウスや室内ガレージ付のお部屋、ホビースペースの貸出、自習室他など、事業用ならシェアオフィス、サービスオフィスなど、そしてこれはターゲットにより同じシェアオフィス、サービスオフィスでも創り方が様々になっているので不動産業界で考えると言葉の意義としてはかなり広域です。そうは言っても価値観やワークスタイルと同じように賃貸業界もどんどん変化をしているということを痛感させられます。

syosai.jpg


ここで重要なのは、このような物件はハード面(物件や設備仕様)のみを構成するわけではなく、ソフト面(運営、運用方法)においても、ターゲットに照準を絞って構成されていることです。要は、不動産屋は箱を貸すだけでは無くなったということになります。今いろいろな業界で業界の垣根が曖昧になっておりますが、このネオ賃貸は不動産ノウハウだけではなく、デザイン、広告代理事業からプロデュース、ブランディングのノウハウまで必要としており運営側も今までの不動産会社の固定概念を変革させることが重要になってまいります。特に物件が古くなればなるほど、ハード面にのみ頼って運営を考えていくには大変厳しい時代です。このネオ賃貸の考え方を取り入れることで長期空室物件の救済もできるのではと思われます。

common space.jpg

 

当社においてもネオ賃貸の考え方で運営させて頂いているシリーズが2件あります。起業家や個人事業主を応援し、プライバシーにも配慮したレンタルオフィスシリーズ「ビズサークル」。ホームページはhttp://www.bizcircle.jp/。現在8棟が運営中です。BIZcircle_B.jpg

 

大人の流行の発信地である南青山においてスモールコンセプトショップの集合体を創り、そこからブランディング情報をどんどん発信していく物件「BASE南青山」。ホームページはhttp://www.hp-aoyama.com/。物件内18店舗がオープン中。ぜひ足を運んでみてください。

MA3.jpg

 

このような形式で当社もネオ賃貸の事業者の一社となります。遊休地や長期空室でお悩みの所有者様はぜひご相談下さい。当社が不動産事業の新しい一面を引き出せれば幸いです。

 
 

一覧へ

17/02/25 17年1月度 新規住宅管理物件 受託の件
2017年1月度に当社に受託された管理物件のご紹介です。
17/02/15 ビズサークル 川口オフィス オープンの件
2017年2月に埼玉県初となる川口オフィスがオープンいたします。
bottom

お気軽にご連絡ください。03-5789-3323 営業時間 9:00〜20:00

お問い合わせフォーム

PAGETOP