TOP > 特集記事 > 壁紙の張り替えでイメージを刷新!!

特集記事

 

壁紙の張り替えでイメージを刷新!!(2012/10/31)

 

 

最近、TVやCMでは個性的な部屋特集などという放送内容を多く見るようになりました。

今回は弊社管理物件にも採用している『アクセントクロス』について、ご紹介したいと思います。

 


 アクセントとして、部分的に活用図る

  

 部屋の一部の壁面をワンポイントでカスタマイズするサービスが、静かなブームとして広がっています。

 

 

 壁面全体を大幅に内装変更するカスタマイズではなく、あくまでもワンポイント的に、

アクセントとして壁紙を部分的に張り替える方法です。

これが意外と部屋に変化をもたらし、イメージを一新することになります。

↓写真は弊社管理物件:フレンドリッチハウス(荒川区)↓

 ベースが白い無地やクリーム、薄いグリーン系の色の中、ある一定のスペースを強い調子の色使いで、

アクセント的にメリハリを付けるといったやり方です。

 タイミングとしては、解約・退去の手続きを終えて、メンテナンス工事の時に併せて行い、

次の入居者を迎える時には、すでに完了してしまう方法と、下見・案内時に、

自由に壁紙が選べるサービスを実施していることを説明して、選んでもらう方法があります。

↓写真は弊社管理物件:フレンドリッチハウス(荒川区)↓

 どのように選んでもらうかですが、一番簡単なのが、壁紙の見本帳を用意しておいてその中から選んでもらう方法。

張り替えた後のサンプル写真などを用意すればイメージが一気にふくらみ、

部屋の契約決定にもいい結果を生むのではないでしょうか。

↑写真は弊社管理物件:フレンドリッチハウス(大田区・荒川区)↑




 物件のイメージを引き立てる


 とにかく、入居者ニーズのターゲットを絞った物件は、競争力がつきます。

壁紙一枚なんですが、この一枚が有効的に働いて物件のイメージを引き立ててくれます。

 時代は変わって、賃貸でも自分風にカスタマイズしたい、といった要望が強くなっているので、

本格的なリフォームには予算がかかりますが、壁紙の張り替えでイメージが刷新できるのなら、

決して高い投資にならないと思われます。

 また、壁紙張り替えのアイデアを活かして、ある年数住んだ入居者が退去する時、

事前に取り決めた範囲内であれば、原状回復を求めないといったサービスも考えられます。

 

 

写真は室内クロス一部ではなく、階段部分両面にアクセントクロスを採用している大田区の物件です。

人によって好みは様々ですが、入居している方は意外にも女性が多いです。

 

これからは、色合い、組み合わせにお客様の意見、要望を積極的に取り入れる事が必要なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 
 

一覧へ

17/02/25 17年1月度 新規住宅管理物件 受託の件
2017年1月度に当社に受託された管理物件のご紹介です。
17/02/15 ビズサークル 川口オフィス オープンの件
2017年2月に埼玉県初となる川口オフィスがオープンいたします。
bottom

お気軽にご連絡ください。03-5789-3323 営業時間 9:00〜20:00

お問い合わせフォーム

PAGETOP