TOP > 特集記事

新着情報

15/07/14 【コラム】不動産の資産価値とは
不動産投資を考える際に重要となるのが不動産の資産価値です。今回はその資産価値についてご説明します。
15/05/15 【コラム】不動産投資をする際の『収益』に関する注意事項
不動産投資を行う際に必要な収益計算。今回は、サブリース契約を中心にご説明させて頂きます。
15/05/06 【回答】サブリース注意事項に対する当社の準備対策
お客様より、当社あてご質問を頂戴致しましたので、ホームページ上より回答をさせて頂きます。
15/05/01 【コラム】サブリース経営をされている方へ
サブリースは収支の安定に目的が行きがちですが、実は契約者を不動産会社がとって変わる当事者リスクの回避も大きなメリットの一つです。
15/04/01 【コラム】サブリースの有効的な活用方法
これから投資を始められる方へ。空室リスクが解消されることが魅力的なサブリース契約。どのようなケースで有効活用できるか、検証してみました。
15/03/01 【コラム】サブリースのメリットの裏に潜む「10」の注意事項とリスク
空室リスクの解消など多くのメリットを持つサブリース契約、但し、当然ながらメリットの裏にはデメリットがあります。それを検証してお伝え致します。
14/07/01 増加する外国人投資家
不動産業界もますますグローバル化していき、外国人・外国法人による不動産投資も活発に行われております。不動産会社もそれを踏まえた対応が必要となっていきそうです。
14/06/01 活況!!都心再開発!!
交通機能の再構築、オリンピック誘致の決定などをもち、今都心では次々と大型の再開発が進んでいる。今回はその中からいくつかピックアップして紹介したいと思います。
14/05/01 投資用不動産の選定
景気回復が期待されるなか不動産市場も活況に推移しているようです。もちろん投資用不動産市場も例外ではありません。投資用としてもやはり高い不動産。なるべく間違いのない商品を買いたいもの、当社は賃貸の目線で投資用不動産の見方をアプローチしてみたいと思います。
14/04/01 4月1日は消費税UP!!
ついに2014年4月1日より十何年振りに消費税が増税されます。大きく消費購買力を揺るがす出来事となるかもしれませんので、一部検討してみました。
14/03/10 不動産仕入コストが上昇している!?
2011年に発生した東日本大震災以降、不動産仕入れコストが上昇しております。背景には、震災復興需要の他、アベノミクス、オリンピック誘致が関係しております。その要因と今後の動向を考察致します。
13/07/22 社会問題となる『シェアハウス』・・・『脱法ハウス』とは?
1本の119番通報で脱法ハウスと名付けられた集合住宅がメディアで報じられました。脱法ハウスの概略と今後のシェアハウスのあり方について一部見解を特集させて頂きます。
13/06/30 空室が社会問題となる。
空室率の高まりが社会問題となっております。国内に多数の放置された空き家が存在する現状の理由と対策を考えてみました。
13/05/22 賃貸 空室率改善の兆しと2極化の兆候
アベノミクス効果で2012年3月、4月と2ヶ月連続で空室率の改善を見ることができました。この空室率の改善は経済の拡大とともに続いていくのでしょうか。
13/04/25 年々、設備・仕様ともに充実する賃貸住宅とは
今日、供給されているアパート・マンションの賃貸住宅は、年々、設備・仕様ともに内容が充実して、「コレはいい」と実感されているのではないでしょうか。
13/04/19 首都圏の中古マンションが動き出しました。
中古マンションの前年度年間成約件数が過去最高を記録!!震災後の買い控えの反動や景気の回復などの要因は考えられますが、本当にそれだけでしょうか。
13/03/27 オフィス不動産市場のこれからをちょっとだけ考える。
アベノミクス効果により経済拡大が予想されるなか、REIT市場も7億円に迫る市場規模へと拡大を見せています。このままオフィス不動産市場も活況を迎えるのでしょうか。
13/02/17 賃貸運営と外国人対応
外国人観光客だけではなく入国者数、登録者数ともに記録を更新している現在、賃貸経営においても外国人の入居者とどう向き合っていくかが課題の一つです。
13/02/10 その物件は誰向けですか?
歯止めの利かない賃料の値下がり。
そこでこんな方法は如何でしょうか?
少ない費用で大きな効果を見込めます。
13/02/04 社会問題化してクローズアップされる「空家」の動向
全国的に空き家が社会問題となっています。
弊社の事業である賃貸管理事業に重要な「空室数・空室率」。本日はそのような現状をご紹介致します。
13/01/22 時代の変化、働き方の変化が引き起こす不動産商品の変化
時代の変化とともに働き方も変化してきており、事務所・オフィスの必要性、在り方にも変化が表れております。
そんな中、当社から提案できる事をご紹介。
13/01/14 フリーレントの意味と意義
『フリーレント』という賃貸用語をご存知でしょうか?
その意味と、有効な利用方法、そしてその隠れた意義を紐解いていきます。
13/01/06 新年明けましておめでとうございます
年下明けますとやってくるのが確定申告の時期。
これから賃貸経営を考えている方に不動産所得に関する確定申告の基本を確認したいと思います。
12/12/20 原状回復費用の一部を借主負担とできるのか
消費税率アップもあり、ますます費用負担が増大するのが不安というお話を耳にします。
社宅代行会社の一面を持つ弊社が実際に借主、貸主と折衝した中での経験を踏まえて、今回は原状回復費用についてご紹介します。
12/12/05 [新商品] ワンルーム賃貸 デザインリフォーム工事
現在、ますます賃料の下落、賃貸条件の緩和を強いられている古いタイプのワンルームマンション。ぜひ、当社にその解決をお手伝いさせて下さい。
12/12/01 入居者の高い評価を得る。防犯に強い賃貸住宅とは?
オートロックは絶対必要!など・・・。
防犯力=入居者の安全。そんな防犯について今回はご紹介致します。
12/11/11 消費増税と賃貸経営
居住用物件の賃料は非課税。
それでも消費増税が賃貸経営に及ぼす影響。
12/11/03 ?照明で部屋を広く見せる方法?
コンパクトなワンルームマンション。日本の都会の住宅事情のなかで大活躍しております。でも、やっぱり少し手狭。そんなお部屋を照明の使い方で少しだけ解決してみせます。
12/10/31 壁紙の張り替えでイメージを刷新!!
最近、TVやCMでは個性的な部屋特集などという放送内容を多く見るようになりました。
今回は弊社管理物件にも採用している『アクセントクロス』について、ご紹介したいと思います。
12/10/13 不動産広告での『徒歩圏』とは?『築浅』とは?
不動産広告で良く見る『徒歩圏』って何分?
『築浅』って何年まで? そんな微妙な境界線の定義とは?
12/10/09 -空室対策とは? 高稼働率を目指す-
昨今、賃貸物件の供給に反して、世帯数の低下、それに伴う空室の増加が問題として取り沙汰されております。しかし、ただ空室を埋めるだけが空室対策でしょうか。「否」稼働率を維持できれば、収入を維持できればそれは空室対策に成りうるはずです。その手法を一つ、ここでご提案させて頂きます。
12/09/24 "昭和の団地”おしゃれに変身!
聞くと古いと思われる団地も、リニューアル工事で色々な方からも支持されます。ここでは、大阪のモデルケースをご紹介させて頂きます。
12/09/21 賃貸に活用するカラーコーディネート
空室対策の一環として、室内の表装工事を行い、オシャレなお部屋を作りたい。空室に困るオーナーであれば一度は考えることと思います。ここでは、その基本的な色の使い方を解説させて頂きます。
12/09/18 太陽光発電事業
活況を呈してきた再生可能エネルギーでの発電。
そのなかでも不動産とも関わりの深い太陽光発電の問題点と今後の展開。
12/08/19 新耐震基準とは
巷でよく聞かれる「新耐震基準」。お部屋を探される方、中古物件を購入される方などもよく気にしておられます。この欄では当社が新耐震基準について、ごく簡単にご説明をさせて頂きます。
12/08/13 変わり行く賃貸需要②
多様化する賃貸需要に対して貸主側でできることは?
今後どのような事が必要となってくるのかを考察致します。
12/07/15 更新料判決
今まで法的な解釈が曖昧であること、また商慣習で料金に地域差があることでよく問題視されていた更新料。ついに係争が最高裁の判決まで持ち込まれました。不動産業界にとってはとても大きな事件である更新料判決。結果、この更新料にはどのような法的な解釈がなされたのでしょうか。
12/07/01 マンションの組合運営
マンション購入後、僅か1ヶ月で管理組合理事長に専任された当社社員の実際の体験を織り交ぜながら、概要や問題点を提起致します。
12/06/16 変わり行く賃貸需要
昨今、賃貸需要は様々で多様化しております。
その中で『シェアハウス』に注目してみました。
12/06/10 空前の空室数!!
デフレスパイラルが長引く中、不動産業界においても売買、賃貸ともに多くの空室在庫を抱えるようになりました。しかし、これは全て経済だけの理由なのでしょうか。また、解決策はないのでしょうか。一つの見解としてご提案をさせて頂きます。
12/05/29 人気の街ランキング
毎年、大手広告会社にて公表される住みたい街ランキング、住めば都とはいうけれども、やはりランキング上位の街は理由があるもの。特に今年はいろいろな社会情勢の影響もありそうです。
12/05/20 賃貸不動産管理士とは
平成19年度に新しい資格「賃貸不動産経営管理士」が誕生しました。昨今の賃貸不動産市場は、供給過剰や物件の経年劣化他により、入居稼働率ならびに資産価値の維持向上が困難となっております。このような時代で賃貸不動産の運営、経営における専門知識や技術、ノウハウを求める声が日々大きくなっており、今後この資格は益々注目を浴びそうです。必見です。
12/05/05 土地の価格について
不動産には税金が付き物です。その課税額の元となる土地の価格とはどのように決められるのでしょう??固定資産税の課税額や相続税の際の課税額など、基準の元となるものをこの特集において分かりやすく解説をさせて頂きます。
12/05/02 ネオ賃貸
日経トレンディの記事にあった「ネオ賃貸」という造語。これは、今までの不動産の固定概念に縛られない、新しい価値観や考え方で不動産を再生する開発することの総称のようです。このネオ賃貸の考え方は不動産余りの市場のなかでこの先もっと刮目されるかもしれません。
12/04/20 住宅選び??
東日本大震災後、不動産市況もだんだんと活発になってきた感があります。しかし、従前と比べると売り方や購入者の考え方にも少しずつ変化が起こってきているようです。その変化のうち一つの例をあげさせて頂きます。これは賃貸業界の商品開発や空室対策におけるヒントかもしれません。
12/04/16 リノヴェーション工事
不動産売買において、建物や資産の有効活用の視点からリノベーションは増加傾向にあります。ここでは、賃貸においてリノベーション工事を行う目的や意義、更には大掛かりな工事代金を用意するのはちょっとと二の足を踏む方も必見。お手軽に空室対策を行う方法も併せてご紹介をさせて頂きます。
12/04/06 レンタルオフィスとは?
昨今、新しいオフィス形態としてだんだんと認知されてきたサービスオフィス・レンタルオフィスについて、その概念と商品群ならびに当社運営のレンタルオフィス概要について解説をさせて頂きます。

 
 

一覧へ

17/02/25 17年1月度 新規住宅管理物件 受託の件
2017年1月度に当社に受託された管理物件のご紹介です。
17/02/15 ビズサークル 川口オフィス オープンの件
2017年2月に埼玉県初となる川口オフィスがオープンいたします。
bottom

お気軽にご連絡ください。03-5789-3323 営業時間 9:00〜20:00

お問い合わせフォーム

PAGETOP